商工会議所とは

竹田商工会議所の組織

会員

 継続して6ヶ月以上地区内で営業所・事務所・工場または事業場を有する商工業者であれば規模の大小にかかわらず加入できます。会員は負担いただいた会費の持ち口数で1号議員の選挙権を有することになります。

特定商工業者

 6ヶ月以上引き続き地区内に営業所等を有する商工業者で4月1日現在「常時使用する従業員の数が20人(商業・サービス業は5人)以上である者」または「資本金又は払い込み済み出資総額が300万円以上である者」を特定商工業者の範囲と定めています。地区内商工業者の発展のために商工業者の業務内容を的確に把握するため「法定台帳」を備えなければならないとされております。特定商工業者は、商工会議所の1号議員選挙に1票の選挙権を有します。

会頭

 商工会議所を代表し、所務を総理するとされ商工会議所の執行機関として各種事業を行い、対外的にも商工会議所を代表します。会頭の選任は、議員総会において会員のうちから選出され、任期は3年です。

副会頭

 会頭を補佐するとされており、あらかじめ会頭が定める順位により、会頭が事故あるときはその職務を代行し、会頭が欠員のときはその職務を行うとされています。副会頭は、議員総会の同意を得て会頭が会員のうちから選任し、任期は3年です。

専務理事

 常時、会頭並びに副会頭を補佐して所務を掌理し会頭及び副会頭に事故あるときはその職務を代行し、会頭及び副会頭が欠員のときはその職務を行うとされています。専務理事の選任又は解任は議員総会の同意を得て会頭が行います。

常議員

 商工会議所の最高意志決定機関は議員総会とされていますが、事業運営を迅速に処理するため、会頭が委任する特別の事項に関する所務を処理することを職務とします。議員総会において議員のうちから選任又は解任され、任期は3年です。

監事

 商工会議所の業務及び会計を監査し、その結果を議員総会に報告することを職務とし、常議員会に出席して意見を述べることができます。監事は議員総会において会員のうちから選任又は解任が行われ、任期は3年です。

役員

 会頭1名・副会頭3名・専務理事1名・常議員20名・監事3名の28名です。

議員

 商工会議所の内部的な最高意志決定機関として議員総会の設置を義務付けています。議員総会等で選任された60人の議員は次の種別で構成され、任期は3年です。
1号議員・・・会員及び特定商工業者が投票によって会員から選挙した議員31人
2号議員・・・各部会(商業、工業、観光接客・金融・諸業)の部会員のうちから選任した議員20人
3号議員・・・1号議員、2号議員から選任された銓衡委員により会員のうちから選任した議員9人

部会

 会員の営んでいる主要な事業の種類ごとに部会の設置を義務付けており、商業部会、工業部会、観光接客部会・金融部会・諸業部会を置いています。

委員会

 直面する重要事項の調査研究、その目的達成のために議員総会の議決を経て、委員会を設置できることとされています。