県内企業に対する新型コロナウイルス感染症に関する対応について

2022年02月18日
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、1月27日より適用を受けてきた「まん延防止等重点措置」について、2月20日をもって解除することを国へ要請するとともに、クラスターが多発している保育園等への対策強化を打ち出しました。内容としては、1人でも感染者が出たクラスについては5日間の登園自粛を求められるほか家族に具合の悪い人がいれば躊躇なく登園を控えることなどをお願いしております。
事業者の皆さんに対しても、この影響で会社を休まないといけないようになった保護者の皆さんに対し特段の配慮をお願いしております。なお、幼児教育、保育施設からの登園自粛依頼に応じた子どもや、コロナに感染した、あるいはその恐れのある子ども(発熱や鼻水などの風邪症状のある子ども、濃厚接触者、家族に具合の悪い方がいて施設の長から登園自粛の依頼を受けた子ども)の世話をする従業員に有給休暇を取得させる事業者への助成制度もありますので、ご利用ください。
ご協力お願いいたします。

ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

お知らせ一覧へ